探偵

夫の浮気証拠調査費用・探偵・興信所相談おすすめ

 

 

 

 

 

 

 

もしパートナーの浮気調査で探偵を利用するのであれば、相応の額が必要です。
だいたいの費用ですが、不倫の調査などで20万前後(期間5日)をみておくと良いでしょう。

 

 

請求は調査内容や調査期間で変動するものの、どんな調査でも数十万程度と見積もっておくと不足はないと思います。浮気の定義は、人それぞれというほかないでしょう。
「私より他の女性を優先した」とか腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気と言う人も、いないわけではないです。

 

 

不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと不貞ということになります。

 

 

しかし、順風満帆な結婚生活を続けたければ、不倫しているのではと勘ぐられても仕方ない行動は控えたほうがいいです。

 

不倫に対して慰謝料を請求する際は時効が存在するのをご存知でしょうか。誰と不倫していたかがわかってから3年以内か、でなければ不倫行為から20年以内だそうです。
時効が迫っているときは慰謝料請求訴訟を起こせば、時効はなくなります。

 

 

 

時効が迫っているなら、裁判を起こすことも選択肢に入れてみましょう。

 

 

 

不倫調査の依頼を受けた探偵業者は、刑事ドラマで「あるある」みたいな方法で調査をすることも、ないわけではありません。

 

 

 

尾行や張り込みはもちろん、行動と場所と時間のパターンを分析した上で、必要があれば周囲に聞き込みなどをして、それでいて怪しまれない方法を身につけています。

 

 

ただ、社内機密といって依頼者にも開示しない調べ方が存在するらしいです。

 

 

配偶者が浮気する理由として多いのは、配偶者との日常生活に飽きたというものです。恋愛していたときの高揚感をもう一度得たいという衝動が浮気へと走らせるようです。

 

そういった事態を避けるには、忙しくても時間を設けて、双方が何が不満なのかを語り合うことが肝心です。
言い合いにならないよう冷静な気持ちで臨みましょう。
調査会社が探偵業務で使用する道具というと、以前は発信機でしたが、いまは高性能GPSの利用が進み、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほどターゲットを見失う危険性が減りました。
最近の高性能GPSというのは正確で、コンクリート製ガレージの内側等でもなければ追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。

 

 

 

GPS を取り付けることができれば調査の精度はさらにあがります。興信所といっても、知らない会社に相談するのはちょっと気がひけますよね。話を聞いてもらうときに本名を名乗るのが嫌でしたら、匿名相談でもオーケーというところも多いですから、最初に匿名で話をさせてもらい、これなら良さそうだと判断できたら、そこで自分や対象の個人情報などを明かすというふうにもできます。

 

 

携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。例えば、いつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。
人間はウソをつくときほど必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。また、少し訊かれただけで、懇切丁寧に細かいことまで話しだすのも疑わしいです。心に負い目があると、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。視線もキョドりますし、目線を追うと分かります。
こちらが落ち着いているほど効果的です。

 

昔はどうあれ探偵事務所と興信所の仕事はほぼ同一です。

 

不倫を離婚理由に掲げるつもりなら、確実に浮気した(している)証明というのがなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、やはり興信所や探偵社などを使うほうが、スムーズに離婚できると思います。仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止に重宝するはずです。
探偵と興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、違いといえば名前だけです。

 

探偵業を営むという点で共通しており、開業には共に公安委員会の認可が必要です。
不倫調査という点でいえば、特に気にすることはありません。ただ、ある程度、得意不得意なども業者によって異なるため、そのあたりはおさえてから契約したいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この頃はついうっかりスマホを放置して、隠し続けていた浮気がバレるという例が増加しています。

 

 

 

パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのSNS履歴やメール、フリーメールあたりに不貞行為の一部始終が残されている可能性は高いです。
しかもロックをかけているのだったら、スマホの中は浮気のメモリアルだらけと思っていいでしょう。
別に不倫の調査なんてする必要がないのではと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。ただ、浮気は深入りしてからでは遅く、きっかけも多いので、仕事場はオバさんばっかりと本人が言っていたとしても、安心してはいられません。取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。
挙動が不審で浮気の疑いがあるなら、不倫調査をする探偵社に相談してみれば、無駄に心配することもなくなるわけですし、気持ちの上でも安らかになるはずです。

 

 

 

不倫の調査を探偵にしてもらうと、ときどき追加で料金を請求されたという事例もあります。
驚いたり不審に思う前に、契約時にもらった書類に目を通してみましょう。
オプション付加条件や料金テーブルが書かれています。

 

ですから、それをチェックしなければいけません。

 

 

また、不明なことがあるのなら、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことが大事だと思います。相手がいるのに一線を越えてしまうのが不倫ですが、相手を替えて何度も重ねる常習性のようなものがあるようです。浮気現場を押さえられて、反省の態度は見せるのですが、またしても我慢できなくて浮気するおそれは充分あります。
思い当たるフシがあれば、調査を探偵社に依頼して、相手の不貞行為が明らかになるような証拠を見つけて、懲らしめてやるといいでしょう。

 

 

 

不倫をやめた原因として一番多いのは、当然かもしれませんが、浮気が発覚したからだそうです。普通の人が不倫の証拠をつかむなんていうのは困難なばかりでなく、思わぬトラブルに発展しかねません。

 

探偵や興信所などノウハウのあるところに不倫の調査を依頼するほうが失敗もなく、気苦労も少なくてすむでしょう。

 

そうは言っても、これは疑わしいと気付くのは、一番近いところにいる人でなければできないことです。先日、浮気の慰謝料に請求期限があるのを知りました。

 

時効といって、不倫していた相手が明らかになってから3年、でなければ不倫行為から20年が期限となっています。
時効が迫っているときは提訴すれば、時間経過をリセットできるんです。

 

つまり、時効が近い場合は、裁判で時効を利用させないことも方法の一つです。スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、便利に使いすぎて浮気がばれてしまったことが増えているのも、当然かもしれませんね。配偶者がスマホを片時も離さずSNSを更新しているときは、浮気相手と連絡をとっていると疑ったほうがいいかもしれません。スマホやSNSへの警戒心は、浮気に気付く材料になるかもしれません。
探偵業者に浮気の調査を依頼するときでも、重要な個人情報を晒すのは気が引けるというのは人として正しい反応だと思います。相談して仮見積りを出すところまでは詳細な個人情報は不要という会社も増えていますから安心してください。

 

ただ、仕事として依頼する際は具体的な契約を交わすわけですから、ある程度の個人情報が知られることは了承していただくほかありません。探偵は調査が終わると調査報告書を作成しますが、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。とはいえ、離婚調停や裁判所の審判が必要なときにの利用を考えているなら、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、元々の調査がしっかりしていて記載の要領も良い報告書である必要があります。

 

 

 

のちのち、報告書をどのように利用するのかよく考え、目的に合った事業者を選定すると良いでしょう。
探偵社で働くには特別な資格は必要としません。その代わり、実地面での素行調査(不倫や不貞含む)を確実に遂行するには、スキルがしっかり身についているレベルにまで達していなければなりません。まともな会社は職員の教育には本当に熱心です。

 

 

 

しかし一部の業者では実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもないわけではなく、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかもしれません。価格に見合った技能を持った探偵が担当すること。それが、結果に繋がり、ストレスも最小で済むのです。

 

浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。そのような方のメンタルケアを行う相談員がいるのをご存知でしょうか。

 

 

 

専門家に話を聞いてもらいながら、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。浮気によって離婚しても異性に距離を置くようになったり、自分の人生なのにポジティブになれないという例も多いです。

 

 

もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。

 

普通、離婚となると、浮気経験のある親というのは子供の親権がとりにくいと思われているようです。
ただ、それは思いこみ的なものも大きいように思えます。
調整や裁判での子供の親権というのは、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、子供を育てることに協力的だったかどうかなどを考慮します。要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかを重視して判定するのです。知らない探偵社に個人的に相談するのは怖いという方もいらっしゃるでしょう。相談時に本名を告げるのが嫌でしたら、名前を明かさずに相談できる探偵業者も最近は増えましたから、そういったシステムを利用し、これなら良さそうだと判断できたら、本名で詳細を相談することもできるのです。

 

探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、大幅値引きな価格を提示したり、なんでも時給換算で明朗会計なんていう業者もしばしば目にするようになりました。

 

 

ただ、状況に応じて追加料金が必要な例もあって、必ずしも格安であるとは限らないため、探偵に依頼する際は、契約前にそういった疑問点を解消し、最終的に割高だった!なんて結果を招かないよう注意しましょう。明らかな浮気の裏付けがとれない限り、裁判などでは苦戦を強いられるでしょう。

 

不倫行為の存在を法廷が認めてくれない場合もあるのです。そんなときに大事なのが「動かぬ証拠」なのではないでしょうか。

 

 

誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのに納得できる人はいませんよね。そうならないために、信頼できる調査結果を入手しておいたほうが良いでしょう。探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、以前は発信機でしたが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほどターゲットを見失う危険性が減りました。

 

 

 

近頃のGPSは精度も高くなっていて、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。

 

これさえガッチリとつけることができれば、調査の精度はさらにあがります。たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。一社では費用の妥当性もはかりかねることですし、多少面倒でも複数の探偵社で見積りをとり、説明を受ける方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。

 

それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、なるべく詳細に説明しておくと、余計なことに調査時間を費やさずに済み、請求額も安くつくでしょうし、調査の出来不出来にも影響してきます。

 

 

 

探偵にパートナーの浮気調査依頼した際、相手にバレたりしないか心配になりますよね。
調査員はプロですし、年齢も様々で交代要員もいますから、察知されることは極めて少ないといっていいでしょう。また、これは大事なことなのですが、浮気調査を依頼したあと、依頼人の「態度」に変化が表れたりすると、気付かれてしまったという事例もあります。最低でも調査終了までは、普段と変わらないようにしてください。

 

 

探偵業者では相談までなら無料というところが増えてきました。

 

 

 

右も左も分からないまま依頼してしまう前に積極的に受けておいて損はないでしょう。相手の対応はその後の仕事に反映するでしょうから、会社を選定する上で重要な情報が得られるからです。専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、漠然とした不安や現在の状況などを洗いなおすきっかけにもなります。たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様が内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくる可能性はあります。

 

慰謝料はいくらでもとれるというわけではなく、先方が離婚するかどうかで変わってくるものです。

 

 

 

離婚「しそうになった」からといって高額すぎる慰謝料請求があった場合、直ちに弁護士さんに相談してみることです。

 

 

不倫関係に終止符をうたせるには、明確な浮気の証拠をつかみ、片方、ないし両方に慰謝料を求めるというのが一番です。不倫の相手のほうではさほど罪悪感を感じていないケースも多いですから、慰謝料を求めることにより、自分たちがしでかしたことの償いをさせるのです。

 

配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、自分の手で浮気の裏付けを取るというのは困難でしょう。
でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と何かと便利に使えるでしょう。

 

配偶者の浮気の疑いが濃厚であれば、探偵を雇って調査してもらいましょう。ある程度、費用は必要ですが、交際相手とホテルから出てくる写真のように、あきらかな証拠が得られるでしょう。
名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。ウェブを利用することで、各探偵業者の利用者のクチコミを見ることができると思います。地域性もある仕事ですから、地元近辺で評価の高い業者を見つけ、相談や事前見積りをしてもらえれば、調査もしっかりやってくれるでしょうし、浮気の裏付けも丁寧に行ってくれるでしょう。クラス会やOB会ではなにげに不倫に進展する危険性が高いです。

 

かつて好きだった人と気軽に喋れたり、級友同士ということで性別の垣根が取り払われるので気持ちが通じやすくなるのです。
そういった再会を機に配偶者が不審な行動をするようになったら、限りなくグレーなところにきているのではないでしょうか。

 

 

興信所や探偵に調査を依頼するなら、あらかじめクチコミ等を調べておくことを強くお勧めします。

 

悪質なところだと、請求される料金の明細が不明確だったり、適当な調査でごまかしている場合もあるみたいです。ある程度、安定した評価を維持している会社に頼めば、割高な請求の心配もないでしょうし、不倫調査のような秘匿性の高い仕事も安心して頼めるでしょう。配偶者の浮気がわかったら、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。ただ、当人たちだけで話し合うと、感情的な理由が根本にあるためか、話がややこしくなりがちです。
ことによると裁判に発展するケースもあるので、難しそうだと思ったら弁護士に間に入ってもらい、問題のスムーズな進展を目指していくとよいでしょう。
相手の不貞行為が判明した場合は、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。

 

でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。そのときは、その許しがたい行いへの対策を立てましょう。「浮気は甲斐性」だなんてとんでもない。あれは、やったほうが悪いのです。メンタル的には慰めにならないかもしれませんが、心労や今後の生活上の不都合に対する慰謝料は、しっかり支払ってもらうべきです。
不倫の理由にしばしば挙げられるのは、ワンパターンな結婚生活から逃げ出したかったといった、利己的でなければ言えないようなものです。

 

自分をもう一度異性として見てほしいという願望が浮気へと走らせるようです。

 

 

 

そんなことにならないよう、二人で歩み寄って、おたがい不満に思っていることは何なのかを見つめなおすことが必要ではないでしょうか。

 

 

たとえ不倫調査という正当な理由があっても、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等をクライアントに報告する探偵業というのは非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。
現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。探偵業法が2007年に施行される以前は、探偵業者の業務や契約に関する全国的な法規制がなかったために、業者の違法行為による被害を未然に防ぐべく制定されたものです。

 

参りました。

 

 

うちの旦那さんの浮気って、まるで病気みたいです。

 

まさかこんなに出てくるとは。どうも私と交際しはじめた頃も含めて、何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。
根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気は男の甲斐性ですか。
それってどうして直らないんでしょう。

 

謝られてもこれから一緒にいる価値すらないような気がして、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。